Loading…

スポンサーサイト

Posted by msmoshi on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『レインツリーの国』有川浩

Posted by msmoshi on 25.2011 書籍   0 comments   0 trackback
1ヶ月ぐらい前に買っていたのですが、なかなか読み出せず。
先日少し時間をとって読んでしまいました。

内容としては恋愛もので、あまりその手のモノは読んだことがなかったのですが
読み始めると止まらず、本当に漫画の様な感覚で読み進めることができました。


全く見知らぬ男女。
共通点は昔読んだ本に、心動かされたということ。
女のほうがホームページ上にその本の感想を書いていたことから、
男は似たような思いを持っている人の存在を知る。
自分と同じような感性の持ち主である女に、興味を抱いた男は
思い切ってメールを送ってみる。
そしてそこから始まる男と女の恋愛模様を描いている…。


リアルでのつながりの全くなかった二人は結局恋人同士になってしまうわけですが。
なんて行動力のある主人公なのだろうと思いました。

今の世の中、たとえばSNSやtwitterでワンクリックをすれば、
小さいながらもつながりを持つことができます。
しかしそのつながりはやっぱり希薄で、それもワンクリックすることで
なかったことにすることができます。

男はそれらとは違う、相手にダイレクトに伝えるような方法で、
ちゃんと自分の意思を明確に示した形でコンタクトをとった訳です。


行動力・勇気というのはコミュニケーションをとる上で
すごく大事なことだと思います。

行動力がなければ自分のコミュニティはほんの少しずつしか広がりません。
知らない人にでも積極的に話しかけることができれば、
それは劇的に変わります。

例えば、上記でSNS上での薄い繋がりを持ってしまう可能性について指摘しましたが、
逆に大きなつながりを持つことも可能です。
私の知り合い(学生)はtwitter上で、全く面識のない有名人にメッセージを送ることで
返信をもらい、その後も色々な交流を続けているみたいです。


本のレビューを書いてたつもりがかなり脱線してしまいましたね^^;

レインツリーの国 (新潮文庫 あ 62-1)レインツリーの国 (新潮文庫 あ 62-1)
(2009/06/27)
有川 浩

商品詳細を見る


スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://msmoshi.blog.fc2.com/tb.php/11-216de6f3

プロフィール

msmoshi

Author:msmoshi
筑波大学・大学院一年生。
デザインを勉強中。
手を出している範囲は浅く広く、プロダクト・web・CG・イラスト・エディトリアル・インターフェースなど色々興味あります。
現在CAD・CGソフト(Rhinoceros)を習得すべくパソコンと日々格闘中。

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。