Loading…

スポンサーサイト

Posted by msmoshi on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観光

Posted by msmoshi on 14.2011 社会   0 comments   0 trackback
ワールドビジネスサテライトを見てからの日記。

今長野県に来ている外国人観光客の約2割はオーストラリアからだとのこと。

オーストラリアの公用語は英語。
さらに取材されいた長野の旅館の女将も英語を操る。
旅館周辺の飲食店などでも英語併記のメニューがちゃんとある。

やはり英語は重要なのだということを改めて実感しました。


大企業でTOEIC~点以上が入社条件、みたいなのを提示しているのを最近よく見ます。
大企業=都会にある、というのは確かにあり、英語の需要の割合が大きいのは
確かに東京などの都市圏です。

だけど地方でも英語は力を発揮しています。
むしろ収入がないと福祉や、社会保障に支障がでてしまう恐れがある分、
ハングリー精神も旺盛であろう地方のほうが英語は重要なのかもしれません。

今後は中国が台頭してくるから中国語の需要が伸びる、ということが叫ばれていますが、
中国としては第2外国語を学ぶとすればやはり英語な訳で、外国に旅行に来るような富裕層であれば
なおさら基礎的な教養として英語を身に着けていることでしょう。

「中国語圏の人=英語をしゃべれる」は成り立っても、「英語圏の人=中国語をしゃべれる」
というのは現時点では成り立ちません。
やはり観光資源の有効活用(地方活性化)のためには英語を学ぶことが重要なのではないでしょうか。

スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://msmoshi.blog.fc2.com/tb.php/2-6a741353

プロフィール

msmoshi

Author:msmoshi
筑波大学・大学院一年生。
デザインを勉強中。
手を出している範囲は浅く広く、プロダクト・web・CG・イラスト・エディトリアル・インターフェースなど色々興味あります。
現在CAD・CGソフト(Rhinoceros)を習得すべくパソコンと日々格闘中。

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。