Loading…

スポンサーサイト

Posted by msmoshi on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【東日本大震災】vol.2

Posted by msmoshi on 18.2011 社会   0 comments   0 trackback
未曽有の大災害。

この困難に対処するために、人々は様々な行動を起こしています。

先日も書きましたが、web上では被災地の方々に有用な情報を提供するコンテンツや、
世界各国の励ましの声をまとめたコンテンツが公開され、
そのほかにも通信大手による通信料の無料化や、無線LANの無料提供が行われています。

被災者の肌に直接感じ取りやすいものとして、食糧・生理用品・毛布などの
救援物資が日本全国だけでなく、世界中から届けられています。

最近はなにかといがみ合うことの多かった中国やロシアなどからも
救いの手は差し伸べられ、救援してくれる国・地域は114を超えたそうです。

これら助け合いの絆の強さは、私は日本人としてすごく誇らしく思えます。
すごく、ものすごく多くの大切なものを失いましたが
自信を失い、愛国心を忘れかけていた現代人に、それらを取り戻すきっかけに
成り得る素晴らしいことだと思います。


しかし、そのように皆が助け合いの為、復興の為行動を起こしている中
心無い人たちの残念な行動も目につきました。

特に東電に対するマスコミの言動は目に余りあるものでした。

人命が懸かっているんです。
人々の生活が懸かっているんです。
それも一人二人ではなく何百万人という単位の人数です。
今までこのような緊急事態に陥ったことはなく、
手探りな状態でやるしかないのです。

それなのになぜ、マスコミは記者会見の場であのような横暴な言い方ができるのでしょうか?
東電の社員がわざと人を苦しめてるように見えるのでしょうか?

世間に対し公平・公正な情報を流さなければならないはずのマスコミが
個人の感情で、あたかも国民総意の意見ですといった体で
発言する彼らには虫唾が走りました。


web上では天下り先の社員たちなのだから糾弾されて当然のように言っている人たちも
いますが、じゃああなたたちは何をやっているのでしょうか?

そういった意見を言える状態にあるということは、
インターネットが通じて、人の過去の過ちを責めるような余裕があり、
自分の好きな時寝れるような人たちなのでしょう。

少なくとも、最悪の自体が起こらないように、放射線を顧みず、
自分の家族の元に帰ることもできずに、寝ずに、
復旧に全力を尽くしているのは東電の社員の方々なのです。

その場その場の適当な処置をして、首都圏が大停電という事態に陥ってしまったならば
照明や、カメラなど、あるゆる機材に電気を使っているあなたたち
インターネットをしながら、こたつに入ってテレビを眺めているあなたたちにも
甚大なる被害が出るのだということを、ちゃんと頭に入っているのでしょうか。


CMでも流れていますが、このような事態だからこそ
人に対する『心遣い、思いやり』が特に必要なのではないでしょうか。


スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://msmoshi.blog.fc2.com/tb.php/20-e9c59f76

プロフィール

msmoshi

Author:msmoshi
筑波大学・大学院一年生。
デザインを勉強中。
手を出している範囲は浅く広く、プロダクト・web・CG・イラスト・エディトリアル・インターフェースなど色々興味あります。
現在CAD・CGソフト(Rhinoceros)を習得すべくパソコンと日々格闘中。

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。